トップページ

プロフィール

だきまくら

ご注文

イラスト

ノベル

リンク

問い合わせ



第八話「孤独(後編)」

叶ちゃんや応援に来てくれていた警官達を引き連れて、病室を抜け出した女の子、結衣ちゃんがいる屋上へ続く階段を駆け上がる。

屋上に出ると、そこには医者や看護師達が結衣ちゃんを取り囲むように立っていた。

なぜか結衣ちゃんの後ろのフェンスだけが外れていて、足を踏み外せばそのまま地面へ真っ逆さまに落下するのは確実だ。

『さぁ、こっちへ来るんだ。大丈夫! 君を絶対に助ける! 私達は君の味方だ!』

医師達が結衣ちゃんを説得しているようだが、明らかに怯えている。

(まずいな、あれじゃ逆効果だろ)

少しずつ後ずさりしている結衣ちゃん。屋上の端まで1メートルもない。

(一か八か、やってみるか……)

結衣ちゃんに気付かれないように接近して、結衣ちゃんに体当たりして、落ちるのを止める。

出来るかどうか分からないが、やってみる価値はあるはずだ。

俺はそう判断し、ゆっくりと医師達の輪から抜け、屋上への出入り口を挟んで反対側へ。
壁越しにちらっと覗くと、ちょうど結衣ちゃんいるフェンスの側面に出た。

ここなら結衣ちゃんの視界に入らない。

「………………」

気配を消し、足音を立てないようにゆっくりと結衣ちゃんに近づく。

結衣ちゃんは説得している医師達の方をじっと見たまま、こっちに気付かない。

(よし、あと少し……)

「…………っ!」

「しまっ……!」

もう少しで保護出来るところまで近づいた時、結衣ちゃんがこっちを見てしまった。

目線が合う。

反射的に後ろへ逃げようとする結衣ちゃん。もちろん、その先に足場はない……。

「キャァーーーーーー!!」

踏み外した結衣ちゃんは悲鳴を上げ、そのまま下へ……。

「くっ……!」

落ちると思った瞬間に駆けだしていた俺は、結衣ちゃんが落ちるのとほぼ同時に自分もそこから飛び降りた。

自分の危険なんて顧みてる時間なんて無かった。ほとんど反射に近い行動だった。

後ろで看護師達の悲鳴が聞こえた気がしたが、そんなことを気にしている余裕はない。

飛び降りる時に屋上の縁を蹴った分、俺の方が落下速度が速い。

(間に合え!)

結衣ちゃんの目が驚愕に見開く。

何故、あの人も落ちてきているのかという顔をしている。

(死なせてたまるか! 絶対に助けるっ!)

「手ぇ伸ばせ!!」

そう叫びながら、手を伸ばす。

結衣ちゃんもこっちに手を伸ばしてきた。

俺はその手をしっかりと握り抱き寄せる。

『壁を蹴って、横に飛んで』

(……っ!?)

どこからか声が聞えた気がした。

誰だと考えるよりも早く体が動き、結衣ちゃんを抱え込んだ状態で壁を蹴る。

その反動で俺達の体は横へ飛ぶ。

すると、体が一瞬ふわっと何かに包まれたかの様な感覚が走り、次の瞬間には下にあった茂みに突っ込んでいた。

突っ込む瞬間、結衣ちゃんの体をきつく抱きしめ、体を捻って俺が下敷きになるよう形をとる。

バキバキと音を立てて折れる木の枝。その後、地面に叩き付けられる衝撃が全身を襲う。
しかし、予想していた激痛は襲ってこない。

暫く結衣ちゃんを抱きしめたまま、立ち上がろうとする。

「痛ってぇ……!」

茂みに着地した時にぶつけたのか、右足に激痛が走り立ち上がれない。

屋上にいた連中もすぐにここへ来るだろうと思い、その場に座り込む。

(そうだ、結衣ちゃんに怪我は!?)

結衣ちゃんの怪我の有無を確認するために、抱きしめたままになっている結衣ちゃんを引き離そうとした。

「………………」

だけど、結衣ちゃんは俺の服をきつく握りしめたまま、小刻みに震えていて、顔も上げない。

(結衣ちゃん…………)

見たところ、怪我はなさそうなのでそのまま結衣ちゃんが落ち着くまで抱きしめ、頭を撫で続けた。

(今度は助けられたかな)

続く

Back 次のページへ:次回更新をお待ちください。