トップページ

プロフィール

だきまくら

ご注文

同人ゲーム

ノベル

リンク

問い合わせ



第七話「孤独(中編)」

「それじゃ、聞かせて貰えるかな?」

職員用休憩所の椅子に腰掛けるなり、叶ちゃんに質問する。

叶ちゃんは机を挟んで俺の正面に座ると、少し言いにくそうに切り出した。

「あの子。結衣ちゃんは今回が初めてじゃないんです」

予想していなかった答えが戻ってきたので少し驚いた。

「以前にも何度かうちに運ばれてきたんです、けど、ここまで酷いのは今回が初めてです……」

「なんでまたそんなに何度もやるんだろうな……」

俺には自分を傷つける意味がわからない。

「両親はそのことを知らないのかい?」

「あの子のご両親はちょっと特殊というか、なんというか……」

なるほど。

なんとなく事情が分かった。

要するに、暴力を振るったりする腐った両親というわけか。

「あー。なんとなく分かったからそこから先はいいよ」

言いたくないことを無理に言わせるのもアレなので、そこから先を制する。

叶ちゃんはこっちの気遣いを察してくれたのか、少しほっとした感じでそこから先は言わない。

「でもね、もし、そのことが本当だったとしても、本人が助けを求めない限り、俺達警察や児童相談所の連中は動けないんだ……」

俺個人としてはなんとかしてやりたい。

俺と叶ちゃんの間に重苦しい雰囲気が流れ始める。

そのとき、この重苦しい沈黙を破るように、叶ちゃんが持っている院内用の携帯から着信を知らせる着メロが鳴る。

「はい瀬川です。はい……。はい……。……っ!」

いきなりガタンと大きな音を立てて叶ちゃんが椅子から立ち上がる。その拍子にパイプ椅子が派手に倒れて大きな音を立てる。

「どうかした? また誰か搬送されてくるの?」

なんだか話を聞いてられる雰囲気じゃないな。

(今日は一旦引き上げるか)

そう思い、叶ちゃんに今日は引き上げると告げようとすると、叶ちゃんが血相を変えて俺に向かって叫んだ。

「結衣ちゃんが! さっき搬送されてきた子が病室からいなくなったって。今連絡が……!」

「何だって!?」

今度は俺がパイプ椅子を叶ちゃん以上に盛大にぶっ倒した。

馬鹿な……。勝手に病室から出ないようにうちの奴を見張りに付けてたのに、どうやって……。

いや、それよりも、今まで意識を失うほど失血していたんだ。まともに動けるはずないのに……。

「と、とにかく、あの子の病室まで案内してくれるかな?」

はいっ、と短く答えて飛び出す叶ちゃんの後を急いで追いかける。

 

少女の病室の前は看護師や医師が集まり騒然としていた。

「俊吾!」

声に振り向くと、同僚が慌てた感じで駆け寄ってきた。

「何してたんだよお前! あれだけ目を離さないようにしろって言ったろ!?」

「それが……、あの子の妹がトイレに行きたいって、一人で行くのは嫌だっていうから付いていったんだ。それで帰ってきたらベッドがもぬけの殻になってて……」

同僚もかなり悔しそうに歯を食いしばっている。

あの子の妹も動揺しているのか、体を震わせながら看護師にしがみついている。

「そうか……、分かった。とにかく、ここは医者に任せて、俺達は病院の中を探そう。もしかしたら、またやらかすかも知れん」

「分かった」

短くそう言い残すと、同僚は女の子がしがみついている看護師に話しかけ、事情を説明した後、俺と共にあの子を探すために走り出した。

 

病院の屋上、出入り口の真裏で少し死角になっている場所のフェンスに体を預ける。日差しが強く、じんわりと汗が滲んでくるが、山から吹いてくる風が心地よく肌や髪の毛を撫でる。

でも、今の私にはただべたべたした髪の毛を肌に張り付かせるだけのうっとうしもの以外のなにものでもない。

『なぁに〜? また自分で死を選ぶのぉ〜?』

また、どこからともなくあの声が聞こえる。

私はそれに素直に応える。

「それが何? 私はもう疲れたの」

『ふぅ〜ん。そっかぁ〜。じゃぁ、なんでさっさと飛び降りないのぉ?』

「そ、それは……」

『あはっ、やっぱり怖いんだぁ〜』

今まで聞こえていたふざけた口調がいきなり低くなり、しかも私のすぐ後ろから聞こえた。

「さっさと死んじゃいなよ」

いきなり声が近くなり慌てて振り向くと、そこには女の子が一人立っていた。



私とあまり変わらない背格好の女の子。

「……っ!」

思わず驚いてしまって、数歩後退る。

そんなことに気にも留めず、一気に私の懐に潜り込んできて、上目遣いで問いかけてくる。

「こんな世界で生きてて、なにが楽しいの? 学校じゃ馬鹿にされて、父親からは慰み者にされて、母親からは嫉妬の塊をぶつけられて、自分が生きるための支えなんて、とっくに無くしちゃってるくせに」

「ど、どうしてそのことを……」

知っているのかと聞き返したかったが、女の子の全てを見透かしたような瞳を見てしまい、何も言えなくってしまった。

そんな私を見て、にやりとほくそ笑む女の子。

「クスクス。どうして知ってるのかって顔してるー。私はあなたのことぜぇーんぶ知ってるよぉ? ねぇ聞きたい? どんなこと知ってるか聞きたい? んー、例えば、あなたのお義父さんがあなたにしたり、させたりしてたこととか……」

「っ!」

思わず耳を塞いでしゃがみ込んでしまう。

聞きたくない! あんな苦しみを思い出したくない!

そんな私を女の子は抱きしめて、頭を撫でてきた。

一瞬驚いたけど、女の子の温もりが何故か私の心を少しだけ癒してくれた気がした。

「ね? もうあんな思いするの嫌なんでしょ? 逃げたいんでしょ? なら、やることはとっても簡単で単純じゃない?」

とても穏やかな、諭すような声で問いかけてくる。

「出来るよね?」

私は無言で頷いた。

「なら教えてあげる。ここから少し奥のところの柵の留め具が緩んでるの。そこからなら出来るはずだよ」

そう言い残すと、女の子はすぅっと消え去った。

(こっちは探したか? 見てみよう……)

女の子が消えた途端、屋上に上がる階段の所から声が聞こえた。

私を探しに来たのかも。

そう思ったけど、それを無視し、彼女が教えてくれた場所へと歩いて行く。

 

「俊吾!」

自殺未遂を起こした女の子を捜して数十分。病院の駐車場へ繋がる中庭を探していた俺の元に同僚が走ってきた。

「どうした? あの子いたか?」

「あぁ、特別病棟の屋上だそうだ」

屋上か……。よく考えなくても分かることだったのに、なんで今まで気がつかなかったんだ。

恐らく、また自分の命を棄てようとしてるんだろう。

「急ぐぞ、場所は分かるか?」

あぁ、と同僚が答える。

「よし、なんとしても助けるぞ」

「応よ!」

同僚が答えるより早く中庭から駆けだした。

Back 次のページへ