トップページ

プロフィール

だきまくら

ご注文

イラスト

ノベル

リンク

問い合わせ

第六話「孤独(前編)」

最初、母が再婚した時はこうなるとは思ってもみなかった。

「おい結衣。てめぇ、酒とタバコ切らすなって何度言えば分かんだ!」

母と結婚する前に何度か会った時はとても優しくて、この人なら母との結婚に反対する理由がないと思った。

母も、私達姉妹もきっと幸せにしてくれるだろうと。

でも、その優しさは上っ面だけだった。

結婚してしばらくはその優しさがあったが、徐々にその仮面が剥がれ始め。

いつしか奴隷のように私を扱うようになり、少しでも刃向かおうものなら……。

「で、でも。私、未成年だからお酒とか買えないって前に……」

「あぁ? なんだその態度は! 誰のおかげで飯が食えてんだ? てめぇは俺の言うことだけ聞いてりゃいいんだよ!」

殴られ、蹴られる。

さらには、私を縛って慰み者として扱うようにもなった……。

母に助けを求めても……。

「あんたなんか連れてくるんじゃなかった。あの人に押しつけてくればよかった!」

男に相手にされなくなった女の嫉妬。

食べ物が口に入るのが三日に一度になり、義父に好きなように嬲られ、母の陰湿ないじめは毎日になった。

今まで耐えてこれたのは妹がいたから。私が逃げれば妹に危害が及ぶかもしれない。

それだけは絶対にさせたくなかったから……。

 

でも、もう限界……。耐えられない。

 

誰も助けてなんてくれない。

 

もう嫌だ。痛いのも、気持ち悪いのも嫌だ。

 

もう楽になりたい。

 

楽になっても、いいよね?

お風呂場に行き、台所から持ち出した包丁を手首に強く当て、躊躇わずに引く。

血が噴き出し、あっという間にお風呂場を真っ赤に染めていく。

最初に感じた痛みも今はもう感じない、手首の感覚自体が無くなっているみたい。

今感じるのは、これでやっと解放されるっていう安堵だけ。

 

『あはっ。やっぱり人間って馬鹿だよね〜♪』

 

意識が途切れる寸前、そんな声が聞こえた気がした。

 

「やっぱりただの自然死ですね」

鑑識の連中は、予想通りの結果をため息混じりに教えてくれる。

「まぁ、本職が診てますからね。自分たちが診ても結果は同じでしょうに」

やることを終えると、立ち入り規制のテープやらを片付け、やれやれといった感じで引き上げていった。

俺達もいても意味が無いので引き上げることにする

「俺達もさっさと引き上げるか」

「そだな〜」

引き上げようとした時、看護師たちが何か慌てているのに気付いた。

近くを通った看護師を捕まえて事情を聞くと、どうやら、家で自殺を図った女の子が搬送されてくるらしく、その娘が危篤状態なのだという。

それだけ教えてくれると、看護師は走って行ってしまう。

「自殺とは穏やかじゃないな」

隣で聞いていた同僚もあまりいい顔はしていない。

俺も同じような顔をしているだろう。

人が死ぬことにはいつまで経っても慣れない、特に、自分で命を絶つ連中のことは理解すら出来ない。

「とりあえず、様子を見に行こう。事件性があるかもしれないからな」

同僚を引き連れて救急隊員から事情を聞くべく、搬送口へ向かう。

(頼むから、死なないでくれよ……)

それだけを願って。

 

搬送口に着くと、すでに処置室に運ばれたのか、病院職員はおらず、救急車が止まっているだけだった。

とりあえず、救急隊員から事情を聞く。

救急隊員曰く、通報は自殺を図った少女の妹からで「お姉ちゃんが風呂場で倒れている、血が一杯出ている」という内容だったらしい。現着して風呂場に入ると、血まみれの少女と、その妹らしい小さな女の子が泣きじゃくっており、血まみれの少女はすでに虫の息だったが、応急処置の段階でほぼ止血出来たので一命は取り留めている、しかし意識は無く、かなり危険な状態には変わりないのだと言う。

ちなみに、通報者の妹も一緒に処置室の方へ行ったらしい。

「なるほど。了解しました、ありがとうございます」

一言お礼を言うと、救急隊員は一礼して戻っていった。

「なんでまた、そんなことやらかしたんだろうな……」

同僚はかなり厳しい顔をしている。

「さぁな。本人に聞いてみないことには分からん」

「確か妹も一緒に来てるんだろ? 事情聞けるかもしれないぜ」

「でも、小さい娘なんだから問い詰めるのはやめろよな」

「分かってるよ」

 

処置室に行ってみると、処置室のドアの前にあるベンチで泣いている小さな女の子が一人。あの娘が通報した女の子だろう。

同僚が先に女の子に近づき、女の子の目線に合わせるためにしゃがむ。

自殺を図ったというこの娘の姉のものだろうか、手や顔、服に黒ずみ始めた血がべっとりと付いている。

この娘なりに姉を助けようとしたのだろう。

挿絵

「こんにちは」

出来るだけ笑顔で話しかける同僚。

「うぅ……、ひっく……、ぐす……」

泣くばかりで答えてくれない女の子。

少し顔を引きつらせながらも、何か話しかけようとする同僚。

「止めてあげてください」

後ろの処置室のドアが開き、そこから叶ちゃんが現れた。

そこから続いて、真っ白なベッドに乗せられた少女が運ばれていく。容態が安定したのだろう、しかし、ベッドの上の少女の顔は青白く、まるで生気がみられない。

「っ! お姉ちゃん! お姉ちゃん!」

少女が出てきた途端、女の子は少女に張り付き叫ぶ。

それを他の女性看護師が制止に入り、慰める。

「叶ちゃん……」

どうやら叶ちゃんも自殺を図った少女の治療にあたっていたらしい。

「しばらくそっとしておいてあげてください……」

叶ちゃんの顔色も良くない。あの少女はそれ程に酷く、自分を傷つけたんだろうか……。

「分かったよ叶ちゃん。その代わりに―――」

「分かってます。私がお話しますから、違う場所へ」

頷く。

妹の方も女性看護師に連れられて、少女と共に病室へ。同僚は少女達についてく。

俺は叶ちゃんから詳しく聞くために叶ちゃんと共に移動する。

続く

Back 次のページへ