トップページ

プロフィール

だきまくら

ご注文

イラスト

ノベル

リンク

問い合わせ

第五話「追憶」

「あなたの様な存在。私は認めません」

女の子は、腰をためて鎌を横にして構える。

そのまま、こっちに音もなく跳躍する。

「っ!」

避ける暇もなく、思わず目を閉じる。

「……あれ?」

けれど、いつまで経っても、衝撃も痛みも襲ってこない。

恐る恐る目を開けると。鎌の鋒が私の首もとで止まっている。

一気に冷や汗が首筋を伝う。

「…………」

女の子は無言で鎌を私の首もとから離すと、そのまま出した時と同じようにマントの中に仕舞う。

「運がいいですね」

「え? きゃ!?」

女の子がぼそっと何かを呟いた途端、また突風が吹く、反射的に顔をかばう。

風が止んで、目を開けると。女の子の姿はどこにもなかった。

呆然としていると、いきなり病院内専用の携帯が鳴る。

びっくりしてしまったけど、ポケットをまさぐり電話に出る。

「は、はい。瀬川です」

『瀬川さん、大変! 遠野さんが亡くなってる! 病室まで来て頂戴!』

「遠野さんが!? わかりました。すぐに行きます」

携帯を切ると、全力で病室へ走った。

(まさか、これもあの娘の仕業?)

 

病院から少し離れた木。その木の枝に白は腰掛けている。

「よく狩らなかったな」

不意に後ろから声がする。

「一日一人。そういったのはあなた」

白は後ろを見ずに答える。

そこには白と同じような黒いローブを羽織った男が一人。

「確かにそうだが……。それが理由で狩らなかっただけか?」

男の問いかけの意味が分からないのか、白は男の方を向き首をかしげながら問いかける。

「それ以外に何があるんですか?」

「そうか……。まぁいいさ」

白は更に首をかしげながら、答えを求めるように男を見る。

「理解出来ません。答えを教えてもらえませんか?」

「それは駄目だな。自分で考えな」

白は表情を変えずに眉を少しだけ動かしながら考えているが、答えは出なかったようで、首を振る。

「それが分かれば、一人前になれるさ」

男は苦笑いすると、すぅっと消えていく。

消える瞬間に白に一言。

「いいか。あの女性はまだ寿命ではない。狩ることは許されない」

そう言って、男は消える。

白は少し不満げな顔をするが、すぐにいつもの無表情にもどると木から地面へふわりと降りると、寝床へと戻る。

 

夢を見た。

あの日以来、見る夢。

たった一人の妹が命を落とす瞬間を、苦しみながら、体中を自分の血で真っ赤に染めてこときれる瞬間を……。

俺はそれを何も出来ずにただ見ているだけ。

これはきっと罪だ。

妹を、梓を守れなかった俺への神が下した罪だ。

 

『おい、俊吾。起きろって』

体を揺さぶられて目が覚めた。

すぐに脳を覚醒させようと首を左右に振る。

「大丈夫かよ。なんかうなされてたぞ」

どうやら仮眠中にうなされていたのを起こしてくれたらしい。

同僚が少しだけ、心配顔で見ている。

「心配ない。いつものことだ」

「そうだけどさ」

「気にしなくていいさ」

ソファーから起き上がり、同僚の肩をぽんぽんと叩く。

「いや。気にはするぞ。お前があの状態になった後は、大概落ち込んでてうざい」

「……」

どうやら心配してたのは俺のことではなく、落ち込んでいる俺がうっとうしいかららしい。

つっこむ気力もわかないので、そのままハンガーにかけてある制服の上着とネクタイを取る。

ネクタイを結ぶと、上着を羽織って自分のデスクへ向かう。

「おはようございます」

他の署員に声をかけていく。

最後に一番奥にいる部長に声をかける。

「お疲れ様です」

朝刊を読みながらコーヒーを飲んでいる部長に一礼する。

部長はちらっとこちらを見ると、新聞をたたんでちゃんと向き直る。

「おう。起きてすぐに悪いんだが、ちょっと出てきてもらえるか?」

「なんでしょうか」

部長は少し苦笑いとも嫌な顔とも取れる表情で切り出す。

「病院で立て続けに患者が死んだらしい」

「はぁ。でも病院なんですから、そういうこともあるんじゃないんですか?」

「そうなんだが……。病院側が言うには、昨日まで元気で死ぬ気配すらなかった患者がいきなり死んだらしくてな。それが立て続けに起きて何か怪しいからって通報してきてる」

「なるほど」

「ってことで行ってきてくれ。もう鑑識やら他の連中も向かってる」

「了解しました」

部長に一礼すると、回れ右で駐車場へ向かう。

「どっか行くのか?」

駐車場に向かう途中、俺を起こした同僚が話しかけてきた。

ちょうどいいので連れて行くことにする。

「ちょうどいい。一緒に付いて来いよ」

「どこへ?」

「病院」

「ナースに会えるか?」

「そりゃ病院なんだから会えるだろ」

「じゃぁ行こう」

即答。

「おら、早く運転しろよ」

そう言いながら助手席にのる我が同僚。

「俺が運転するのか?」

「いいから、早くしろって。白衣の天使が俺を待ってるだろうが」

「ったく」

俺は苦笑しながら運転席に乗り込み、エンジン始動。サイレンを鳴らしながら病院へ急行する。

 

十数分で現着。

「はい。到着」

同僚はすでに助手席におらず、すでに病院に向かって走っていた。

「あの情熱を仕事に回してほしいな……」

挿絵

呆れていると、ざぁっと風が吹いた。

初秋の心地良い風ではなく、何かぬるっとしたあまり気分のいい風ではない。

何か、どこかへ何かを連れて行くような、そんな不思議な風の様な気がした。

(何をわけの分からないことを考えてるんだ俺は、今日あの夢を見たからか?)

自分自身にため息をつきつつ、病院内へと向かう。

受付でどこで遺体が見つかったかを聞く。

受付の女性に三階のナースステーションに行くように言われたので向かう。

エレベーターで三階まで上がると、すでに鑑識が入っているのか、あちこちに警官が立ち、規制用の黄色いテープが貼られている。

「来たはいいが、これだけ警官いたらすることないかもしれないな」

来て早々手持ち無沙汰になってしまった。

「俊吾さん?」

声のする方を見ると、規制用の黄色いテープの向こうから手を振る女性が一人。

「叶ちゃんじゃないか」

お返しと俺も手を振る。

よたよたとテープをくぐって、こっちへ来る叶ちゃん。

「俊吾さんも来てたんですね」

「あぁ。一応ってことで来てみたんだけど、これじゃすることなさそうだけどな」

苦笑いをしてみた。

「そうでしたか」

叶ちゃんもくすくすと笑う。いつ見ても綺麗だな。

「そうだ、俺に何か手伝うことない? いまのとここっちですることなさそうだし……。って、痛っ!」

「おい」

いきなり同僚に引っ張られた。

「俊吾さん?」

「ちょっと待ってて」

そのまま叶ちゃんの見えないところまで引っ張ってくると同僚がぼそぼそと話かけてくる。

「ったく、痛いじゃんかよ」

服を正しつつ、文句を言う。

「いつの間にあんな可愛い子と知り合いになったんだよ」

「あれ? 紹介してなかったか?」

「してねぇよ! されてねぇよ!」

「あぁ〜。悪ぃ」

「悪いで済んだら俺たちいらねんだよ!」

胸ぐらを掴まんばかりの同僚をどうどうとなだめる。

「あの子は妹の親友だったんだよ」

そういうと同僚がおとなしくなった。同僚も俺の妹の事は知っている。

「まぁ、彼女が妹の知り合いだったなんて妹が死んでから知ったんだけどな」

「そうだったのか」

急に大人しくなって空気が重くなる。

「あの、俊吾さーん」

その空気を吹っ飛ばす様な明るく声をかけられる。

振り向くと、小さく手招きをしている。

叶ちゃんのところへ行こうとすると。

「あ、そちらの方はちょっと……」

「だそうだ、ちょっと待ってろ」

悔しがっている同僚を無視して、叶ちゃんのところへ行く。

「何? 叶ちゃん」

「ちょっとこっちへ」

そう言って人気のないところへ連れて行かれる。

同僚が何か不満を言ってたいたが、無視することにする。

「それで、何かな?」

尋ねると、すこし不安げな顔をしながら問いかけてきた。

「あの……、信じてもらえるとは思わないんですけど。一応言っておこうと思って……」

「うん」

「ここ数日。連続で患者さんが亡くなってるんですけど」

「うん、知ってるよ。だから俺たち警察が調べに来てるんだから」

「そのことなんですけど。ちょっと気になることがあって」

「気になること?」

「はい」

「何かな?」

叶ちゃんは少し躊躇しつつ、小さな声で話しだす。

「患者さんが変死する時に限って、小さな女の子が現れてるみたいなんです」

「……は?」

言っている意味が理解出来ずに、思わず腑抜けた声を出してしまった。

「それと、患者が死んだのと何の関係があるんだい?」

叶ちゃんは更に躊躇いながら、問いかけてくる。

「俊吾さんは、死神とかって信じますか?」

「はぁ?」

さらに変な声を出してしまった。

叶ちゃんはあわてて両手を振りながら。

「いえっ。なんでもないんです。忘れてくださいっ」

そう言い残して、向こうへ走り出してしまった。

「ちょ、ちょっと叶ちゃん! 行っちゃったよ……」

(死神って……。結局何が言いたかったんだ?)

一人残された俺は、その単語の意味に首をひねりつつ、現場へと戻った。

Back 次のページへ