トップページ

プロフィール

だきまくら

ご注文

イラスト

ノベル

リンク

問い合わせ

第四話「邂逅」

「ただいま〜」

夕方、いつも通りに叶姉ぇの家に寄る。

「おかえり。紗耶香ちゃん」

ぱたぱたとスリッパを鳴らしながら出迎えてくれる。

「あれ? 叶姉ぇ、今から晩ご飯作るの?」

いつもならもう作って待ってくれている時間なのに、まだエプロンをしていた。

「あぁ、これ?」

そう言って、エプロンの端を持ち上げる。

「ちょっと病院から連絡があって、それの対応してたらちょっと遅くなっちゃった」

てへっと舌を出す。

「でも、すぐにご飯作るからね。ちょっと待っててね」

「うん……」

ちょっと、いつもと違う雰囲気に気がついたのか、叶姉ぇが私の顔を覗きこむ。

「紗耶香ちゃん?」

「な、なんでもないからっ」

思わず、目線は逸らす。

それでも叶姉ぇは何も聞かずに、台所へ戻った。

戻る途中で振り向き、一言だけ。

「今日の晩ご飯はハンバーグだからね〜」

「ほんと? じゃぁ私、大きいのがいいな」

はいはい、と苦笑いをしながら引っ込む。

 

夕食後。

叶姉ぇが淹れてくれた紅茶を飲みながらのんびりとテレビを見てると、叶姉ぇが自分の分を淹れて来て正面に座る。

「ねぇ、紗耶香ちゃん」

テレビから叶姉ぇに目線を向けると、叶姉ぇはゆっくりと微笑みながら聞いてくる。

「今日、なんか変だけど、どうかしたの?」

「うん……。ちょっとね……」

やっぱりばれてたか。

「良かったら言ってごらん? 私でも力になれることあるかもしれないし」

「……うん」

私は、叶姉ぇに今日あったことを話した。

近藤のおじいちゃんが亡くなったこと、それと不思議な女の子がいたこと。

「そっか、近藤さんのことは連絡あったから大体のことは分かってる」

当たり前か、叶姉ぇは病院の看護師さんなんだから。

「でも、気になるのは、その不思議な女の子のことね」

紅茶を一口飲むと叶姉ぇは考え始めた。

少し考えると、顔を上げる。

「じゃぁ、私もその娘のこと探してみる、明日は日勤だし、なんだか気になるし」

「うん、お願い。叶姉ぇ」

 

紗耶香ちゃんからその女の子の特徴を聞いた後、玄関先まで見送ると、私は自室に戻る。

さっき紗耶香ちゃんが言ってた女の子。

不思議な雰囲気の娘だって言ってたけど、一番気になったのは、今まで見なかったことじゃなく、その娘が現れてからすぐに近藤さんが亡くなったこと。

(その娘とは関係ないとは思うけど、何か引っかかるのよね……)

机の上に置いてある写真立てを見る。

中にはご遺族から頂いた梓さんの写真が入ってる。

その写真立てを手に取る。

(嫌な予感がするの。梓さん、力を貸して)

 

翌日、いつも通りに仕事をこなしながら、例の女の子を捜してみた。

でも、結局見つからず、夕方になってしまう。

「瀬川さん。今日はもう上がっていいわよ」

「あ、はい。それじゃ、そうさせてもらいます」

気がつけばもう定時の時間。婦長の言葉に甘えて上がる。

帰る前にもう一度見て回るために手早く着替える。

(今度は中庭から探してみよう)

気合いを入れなおすと少し早足で向かう。

 

中庭、ロビー、病室。もう一度一通り見て回ったけど、やっぱり見つからない。

屋上まで来ると、少し休憩しようとベンチに座る。

さわさわとそよぐ秋風が気持ちいい。

(ふぅ、見つからないなぁ、今日はいないのかな……)

はぁ、とため息をついた途端、いきなり強い風が吹き抜けた。

「きゃっ」

思わず目を瞑った。

「何、今の風……、っ!」

挿絵

驚いた。目を開けると、いつの間にか目の前に女の子が立っていた。

銀色の髪、赤色の瞳、紗耶香ちゃんが言ってた特徴そのままの女の子が。

「あ、あなた……」

話しかける前に女の子から話しかけて来た。

「あなたも私が視えているんですね。それに……」

女の子はすっと私に近づくと、じっと私の目を見てくる。

「あなた、とても不思議な魂をしていますね。昨日あった人間以上に」

「え?」

心臓がはねたようにドクンとなり、背筋に寒気が走る。

「一つの躰に三つの魂を感じます。それも、一つは死神のようですね」

「っ!?」

反射的に数歩後退り、身構える。

女の子は何も言わず、長く翻るマントの中に右手を入れる。

「あなたの様な存在」

マントから右手を出す。その手にはどこから出したのか分からないほど大きな鎌。

「私は認めません」

Back 次のページへ