トップページ

プロフィール

だきまくら

ご注文

同人ゲーム

ノベル

リンク

問い合わせ

第三話「死神」

どうして命を狩るのかなんて考えたこともなかった。

物心ついた頃から、私は生き物の命を狩り取ることを教え込まれてきたから。

だから、今日もそれを繰り返すだけ。

それが、私の存在理由。

 

昼。場所は、建設途中で放棄されたマンションの一室。

私は、暑くて目が覚めた。

しばらく、ぼーっとしたら、ボロボロのコンクリートに掛けておいたローブを羽織る。

余計に暑くなるけど、これが私の正装。

腰より長い髪を二つに束ねると、私は靴を履き外へ出る。

ボロボロで錆だらけのドアを開けると、一斉にセミの大合唱が耳に入る。

そんなセミの合唱はさっさと無視して、今日の狩る相手のところに向かう。

 

今日の目標は、近藤竜二という老人。

死亡予定日を過ぎても尚、未だに精神力で抗っているらしい。

(ほんと、人間って無駄なをことしますね)

人間の魂を狩る時は、いつも、うんざりする。

(どうせ、今日の相手も抗うのでしょうね)

手首を切って、自殺を図った相手だろうと、いざ死を迎えると、死にたくないと叫ぶ。

だから、人間の魂を狩るのが一番嫌いで、めんどくさい。

 

まったくもってやる気が起きないが、気がつけば、もう、今日の相手がいる病院に着いていた。

(さっさと終わらせてしまいましょう)

私は、病院の中へと歩き出す。

病院の中は適度に涼しく、心地良い。

ふぅ、っと一息つくと、相手の病室へ一直線に歩く。

 

「そこの子、ちょっと待って」

相手の病室のある階の廊下を歩いていると、後ろから誰かを引き止める声がする。

私達死神は、普通の人間には見えない。

だから、私のはずがないので歩き続ける。

「ちょっと、あなたのことよ」

少し苛立ち気味の声に変わったかと思うと、いきなり肩を掴まれた。

「っ!?」

びっくりしてしまい、思わず後退る。

「あ、ごめん。驚かせちゃった?」

驚かれるとは予想していなかったらしく、かなり困惑した顔をしている。

(なぜ? 私が視えている?)

私が視えているということは、ただの人間ではない。私達が視えるのは、死期が来ている生き物だけのはず。

でも、この人間はまだまだ生き生きとした命の炎が宿っている。

私は、今まで体験したことのない事態に身構える。

「驚かせちゃってごめんね。初めて見る子だったから」

頭を掻きながら謝ってくる。

(なるほど、この人間、少しですが、私達と同じ魂をしている)

この人間の魂を視ると、ほんの少し、死神の力が影響しているらしい。

だから、私が視えているんだろう。

「…………」

疑問が解決した私は、この人間に興味がなくなり、さっさと目標のところへ行くことにする。

「ちょ、ちょっと!」

まだ付いて来ようとする。

うっとうしいので、壁をすり抜けてまくことにする。

『どこ行ったんだろ?』と廊下越しに聞こえてきた。

足音が遠のく、うまくいったらしい。

いなくなったのを確認すると、気を取り直して廊下へと戻り、目標の老人のいる病室へ。

ドアも開けずに、音もなく入る。

いた。

病室にも関わらず、堂々と窓を開けてタバコを吸っている。

私が入ってきたことには気付いていないみたい。

「近藤竜二」

私が話しかけると、驚く様子もなく、こちらを振り向く。

「ん? おう、見かけねぇ顔だな。嬢ちゃん」

とても明るい笑顔で近づいてくる。

「新しく入院してきた……って感じには見えねぇな。俺になんか用かい?」

「近藤竜二。お迎えにあがりました」

スカートの裾をあげて、最期の挨拶をする。

すると、さっきまでの笑顔が消え、硬い顔になり、黙る。

(やっぱり、この人間もですか……)

心の中で呆れていると。

「そうかい。俺にも遂にお迎えが来たのかい」

私は顔をあげる。

「不思議に思わないのですか? 急に言われて」

「思ってるさ。けどな、嬢ちゃんの雰囲気が普通じゃねぇからな。信じるさ」

また、にかっと笑う。

「なら、なぜ運命に逆らっていたのですか? あなたは昨日の段階で死ぬ運命だったのを抗って生きていたのですよ?」

「ほー。そうだったのか」

近藤は少し考え込むと、また笑顔になる。忙しい人間だ。

「きっとあれだな」

笑顔のまま、私のそばまで来ると、私の頭を撫でながら話す。

「昨日さ、俺の孫の誕生日だったんだよ。そんなめでたい日に死ぬわけにはいかねぇだろ? だからだろうな」

ある程度私の頭を撫でると、ベッドへと歩き出す。

ベッドに横になり、大の字になる。

「じゃぁ、あの世とやらにエスコートしてもらおうか」

「……最期に何か残すことはありませんか?」

近藤は少し考えると、首を横に振る。

「分かりました」

ローブに手を入れ、鎌を引き出し、構える。

「おいおい、やけに痛そうなもんでやるんだな」

若干、近藤の顔が引きつる。

「大丈夫。魂を抜き出すだけなので」

「なら、いいがな」

鎌を振り上げる。

「では……。あなたの魂、お送りします。魂に永遠の安らぎを」

私は、近藤に鎌を振り下した。

Back 次のページへ