トップページ

プロフィール

だきまくら

ご注文

イラスト

ノベル

リンク

問い合わせ

第二話 「前兆」

「さ・や・か〜」

「うひゃぁ!?」

放課後。下駄箱で靴を履き替えていると、いきなり後ろから抱きしめられた。

我ながら奇妙な声をあげてしまって、ちょっと恥ずかしい。

「もぅー。急に抱きつかれたらびっくりするじゃない。」

照れ隠しをしながら、未だに私を抱きしめている友達を引き剥がしつつ振り向く。

「えー。いいじゃん。減るもんじゃないんだからさー」

「そういう問題じゃないでしょー。それに私、今日はお手伝いの日で急いでるんだから」

「ん〜? あ、そっか、今日金曜日か」

「そ。だから、今日は病院行かなきゃだから、あんまり遊んでられないの」

そう。今日は病院でのボランティアの日。

だから、いつまでも友達のおもちゃにされてるわけにはいかない。

「ちぇー。でもまぁ、それなら仕方ないか」

そう言いながら、友達は「お先〜」と先に帰ってしまった。

私は、友達とは反対側に向かう。

学校から歩いて15分ほどで、町のほぼ中央にある病院に到着。

「こんにちはー」

ナースステーションにいた看護師さんに挨拶する。

「こんにちは、紗耶香ちゃん」

私に気付いた看護師さんは、笑顔で答えてくれた。

「今日もお手伝いに来てくれたの?」

「うん。今日は何すればいい?」

看護師さんは少し考えると

「じゃぁ、まゆちゃんの遊び相手してもらえる?」

「はーい」

まゆちゃんは、いつも元気で、とっても明るい子で私がこの病院の中でも一番仲良しな女の子。

この時間なら、いつも待合室にいるので、そこへ向かう。

「おう、紗耶香ちゃんじゃねぇか」

待合室までの廊下でトイレから出てきたおじいちゃんに話しかけられる。

「あ、近藤のおじいちゃん」

近藤のおじいちゃんは、数年前からずっと入院してるらしいけど、

いつも見てる限りじゃ、どこが悪いのかさっぱり分からないほど元気いっぱいのおじいちゃん。

「今日も手伝いに来たのかい?」

「うん、そだよ」

答えると、近藤のおじいちゃんは、腕を組んでうんうんと頷く。

「えらいねぇ、うちの孫に爪の垢でも煎じて飲ませてやりてぇよ」

「あはは…」

若干、苦笑。

「まったく、あの馬鹿孫は、まったく見舞いにも来やしねぇ」

ブツブツと愚痴が始まった。

(やっばいなぁ、これ始まると長いんだよねぇ)

完全にスイッチが入る前に止めることにする。

「あの、私、これからまゆちゃんの相手しなきゃいけないから」

「おっと、そりゃすまんな。それは待たせちゃいけねぇな。早く行ってやんな」

「はーい。それじゃ、近藤のおじいちゃん、またね」

「おーう。後でいいから、また、相手してくれや」

私は「はーい」と答えると、小走りで向かう。

待合室に行くと、やはりいた。

大きなソファーに座って絵本を読んでいる。

私が来たのに気付いたのか、顔を上げると、満面の笑顔で駆け寄ってくる。

「紗耶香おねーちゃーん」

とてとてと駆け寄ってくると、ぽふんと抱きついてくる。

「こんにちは、まゆちゃん」

私は、一度まゆちゃんを離すと、しゃがんで、まゆちゃんの目線に合わせて話しかける。

「ちゃんといい子にしてたかな?」

「うん! まゆ、いい子にしてた!」

「よしよし、えらいえらい」

まゆちゃんの頭を撫でてあげる。

「えへへ〜♪」

まゆちゃんは、くすぐったそうにしながらも、気持ちよさそうに目を細める。

「じゃぁ、いい子にしてたまゆちゃんにはご褒美あげるないとね」

「ほんと?」

「うん。まゆちゃんのしてほしいこと、なんでもしてあげる。何がいいかな?」

「えとね、えとね…」

まゆちゃんは、少し考えると、すぐに顔を上げる。

「じゃあね。まゆ、絵本読んでほしいの」

そう言うと、ソファーまで戻って、さっきまで読んでいた絵本を持ってくる。

「これ、読んでほしいの」

まゆちゃんが見せてくれた絵本は、一匹のパンダが悪と戦うというものみたい。

「じゃぁ、これ読んであげるね」

私が絵本を持ってソファーのところまで行くと、まゆちゃんはとことこと付いてくる。

ソファーに座ると、なぜかまゆちゃんは座らずにこっちを見ている。

「? どうしたの?」

「私、紗耶香おねーちゃんのとこに座りたい」

「しょうがないなー。ほら、おいで」

「きゃっほぅ」

膝をぽんぽんと叩いて誘うと、ぴょんと飛び乗ってくる。

「じゃぁ、読むね」

絵本を開いて読み始める。

読み始めると、すぐに絵本の世界に入ったのか、まゆちゃんは「おー」とか、「うー」とか言い出した。

ちりーん

「ん?」

挿絵

涼やかな鈴の音がした。

音のした方を見ると、見かけない女の子が通り過ぎていった。

(あれ? あんな子、ここにいたっけ?)

新しく入院した子かとも思ったけど、なぜか、なんとも言えない違和感を感じた。

「まゆちゃん、ちょっとごめんね」

私はあの子を追いかけるために、まゆちゃんを一旦自分の膝からおろす。

「どうしたの? 紗耶香おねーちゃん?」

「ちょっと向こう行ってくるね、絵本の続きは後で読んであげるから」

まゆちゃんは少し不満そうにしたが、うなずいた。

「ん。いい子」

私はまゆちゃんの頭をひと撫ですると、さっきの女の子を追いかけた。

「そこの子。ちょっと待って」

私は、女の子に話しかけた。

「…………」

けれど、女の子は完全に無視して歩き続ける。

無視されて、少しむっとした。

「ちょっと、あなたのことよ」

そう言って、その女の子の肩を掴む。

「っ!?」

女の子は予想していた以上に驚き、ばっと後退った。

「あ、ごめん。驚かせちゃった?」

「…………」

女の子は最初はかなり驚いた顔をしていたけど、すぐに無表情になる。

その顔にひるまずに話し続ける。

「驚かせちゃってごめんね。初めて見る子だったから」

「…………」

「ちょ、ちょっと!」

女の子は何も言わずに、すたすたとまた歩き出す。

「ちょっと待ちなさいってば」

私は、女の子の後に付いていく。

「あれ?」

廊下の角を曲がると、そこには女の子はどこにもいなかった。

「え? あれ?」

近くの病室にいるのかと思って覗いてみたけど、見あたらない。

「あっれー? どこいったんだろ」

もう少し探して見つからなかったら、

まゆちゃんのところに戻ろうかと考えていると、看護師さん達が慌てて走っていく。

「どうかしたんですか?」

走ってきた看護師さんを一人捕まえて聞いてみる。

「近藤のおじいちゃんが危篤らしいの!」

次のページへ

Back 次のページへ