トップページ

プロフィール

だきまくら

ご注文

同人ゲーム

ノベル

リンク

問い合わせ

第一話 「日常」

「ん……」

目が覚めた。

目覚まし時計を見れば、いつもどおり、鳴り出す五分前。

いつもなら、ここから少しだけ布団の感触を楽しむんだけど……。

「んにゅ〜」

隣から可愛らしい声がした。

私は、その声の主の頭をそっと撫で、起こさないようにベッドを出て、

着替えを済ませると、静かに部屋を出る。

「おはよう、お母さん」

台所に来ると、もうお母さんが起きてきて、朝ご飯の仕度をしていた。

「おはよう、叶」

包丁を使う手を止めて、答えてくれる。

私もエプロンをつける。

「何か手伝うことない?」

「じゃぁ、玉子焼き作っててくれる?」

「はーい」

冷蔵庫から卵を取って来て、さくっと作る。

玉子焼きは得意な料理の一つ。もちろん、外はふあふあ、中は半熟。

お母さんが先に作ってたおかずと一緒にお皿に盛る。

味見もしてみたが、上々の出来で、とっても満足。

「そろそろ、沙耶香ちゃん起こしてきてあげたら?」

お母さんに言われて、時計を見ると、たしかに、そろそろ起こしてあげないと学校に遅れてしまう。

私はエプロンを外すと二階の部屋へと上がる。

部屋に入ると、やっぱりまだ寝てる。

そっと覗き込むと、すやすやと穏やかな寝顔で眠っている。

思わず、寝顔を見つめてしまう。

「ん〜……」

視線を感じたのか、少し、身じろぎする。

本来の目的を思い出し、少し、もったいないけど起こすことにする。

「さやちゃん、もう起きないとダメだよ」

ゆっくりとゆすってみる。

「うみゅ〜」
挿絵
変な声を出すだけで、起きない。

「もう……」

困りながらも、顔が緩むのが止められない。

でも、起こさないと、学校に遅れては大変なので、少し強めにゆする。

「ほら、さやちゃん。起きないと学校に遅れるし、ご飯食べられないよ?」

ご飯という単語に反応したのか、むくりと起きる。

「叶姉ぇ作ったの?」

「玉子焼きだけだけどね」

「叶姉ぇの玉子焼き好き〜」

ぽふっ。っと抱きついてくる。

「もう、ほんとに食べる時間なくなるよ?」

ちょっと残念だけど、さやちゃんを引きはがす。

「むぅ〜」

「ほらほら、早く着替えて降りてきてね」

「はーい」

渋々ながら着替えを始めたのを見届けると、私は先に降りる。

両親はもう出かけたらしく、もう台所にいなかった。

さやちゃんの分のご飯をよそってしばらく待っていると、とてとてと軽い足音が降りてくる。

「あぁーん。遅刻するー」

「だから言ったじゃない。早く起きないと遅れるよって」

「あぅー」

急いでご飯をかきこむ。

「ごひほうはまー(ごちそうさまー)」

食べきると、すぐに台所を飛び出そうとする。

「さやちゃん、ちょっと待って」

「何? 叶姉ぇ」

少し小さめの可愛い包みを渡す。

「はい、今日のお弁当。」

「ありがとう。叶姉ぇ」

「どういたしまして」

「じゃぁ、いってきまーす」

勢いよくドアを開けて走りだす。

「いってらっしゃーい」

角を曲がってさやちゃんの姿が見えなくなるまで私は手を振っていた。

Back 次のページへ