トップページ

プロフィール

だきまくら

ご注文

同人ゲーム

ノベル

リンク

問い合わせ

最終話「約束」

「こんな綺麗な場所が見られたんだもの。もういつお迎えが来てもいい・・・」
「え・・?」
  いきなりの叶ちゃんの言葉に、私は言葉を失った。
  それを気にせず、叶ちゃんは話し続ける。
「ボク、死ぬかもしれないんです・・・」
「え・・?」
私は、さも知らないように振舞う。
  叶ちゃんはさらに続ける。
「ボク、生まれつき心臓が弱くて、ほんとは生まれたのが奇跡に近いらしいんです。それだけでも奇跡なのに、私は10年も生きてきました」
「でも、もう生きているのがつらいんです・・・」
「毎日襲ってくる胸の痛み・・・。少し痛いなんてものじゃない・・・。とても苦しいんです・・・」
  そう言った後、叶ちゃんは私に微笑みかけてお辞儀をした。
「ありがとう、梓さん。こんな綺麗な場所に連れて来てくれて、もう、このドキドキで心臓が止まってもいい・・・」

「・・・・・・」
私は、何も言わずに、崖っぷちまで歩いていく。
それを見た叶ちゃんは叫んだ。
「あっ! そっちは崖だよ梓さん!! 危ないよ!!」
  その言葉に耳を貸さずにさらに歩き続ける。
  そして、ほんとのギリギリの所で止まり、叶ちゃんに振り向く。
「大丈夫だよ。私、高いところ苦手じゃないし」
  大して気にもしていないように私が言うと、叶ちゃんは顔を真っ青にして叫ぶ。
「そんなの大丈夫と関係ないよ!!」
  私は即答する。
「あるよ。気の持ちようってやつ、恐怖心がなければ誰にだってできるよ。怖いと思うからみんな足を止めるんだよ」
  私は叶ちゃんに向けて手を差し出す。
「叶ちゃんもおいでよ。風が気持ちいいよ」
  叶ちゃんは半分泣きそうになりながら
「心臓に悪いですよ・・・」
「いつ、止まってもいいんでしょ?」
叶ちゃんは困惑して言葉に詰まりながら答えようとした。
「だって・・・」
そのまま、暫く静寂が私達を取り囲んだ。
静寂を破ったのは私だった。
「逃げてるんだよ叶ちゃんは、死ぬかもしれないってさ。
まだ生きていける可能性はあるんでしょ? 
こんな危ない場所に立てないってことはさ、まだ死にたくないんでしょ? 
叶ちゃんの苦しみは私には分からない。
でも、怖いって思えるなら大丈夫。
まだ出来るかもしれないって思えば頑張れる」
  叶ちゃんは、涙を目に一杯ためて泣き崩れた。
  そんな叶ちゃんにもう一度、手を差し出した。
「それでも、頑張れないと思うなら・・・」
「ここまで来れれば楽にしてあげるよ。一人が怖いなら私が一緒に逝ってあげるよ」
  その言葉に叶ちゃんは顔を上げ、首を大きく横に振った。
「首を振るだけじゃ駄目。目で訴えるだけじゃ駄目。言葉にしないと分からない」
  一瞬の静寂ののち、叶ちゃんは泣きながら答えた。
「こ・・怖い・・です・・・。怖いです!! 死にたくない!!」
  私は崖っぷちから叶ちゃんに近づいていく。
  そして、叶ちゃんの頭に手を乗せて、優しく包み込んであげる。
  潮風が私達の間を通り抜けていく・・。
「風が気持ちいいね・・・」
  幾分、落ち着いたのか、叶うちゃんは小さく「はい・・・」と言った。
「落ち着いた?」
「はい」
「そっか、私もなんだか変でさ・・・。言い過ぎたよ・・・、ごめんね」
「はい」
「あのねぇ、そこは、はいって言うところじゃないでしょ」
「あ・・・」
  私達は暫く笑いあった。

 笑い終わった私達は草原に横にならんで転がり、涼しい潮風になびかれながらなにも言葉も交わさず、ただ目を閉じていた。
  叶ちゃんが、話出した。
「梓さん」
「ん?」
  叶ちゃんは半身を起こして言った。
「ありがとう。私、頑張る。また来年、ここで梓さんに逢えるように頑張る」
  それを聞いた私も半身を起こし、叶ちゃんに微笑みかけながら。
「目的だ」
「え?」
  叶ちゃんが小首を傾げる。
「生きる目的ってやつでしょ? それって」
  そう言うと、叶ちゃんは元気よく頷きながら。
「うん!」
「お、いい返事だね」
  私は笑みを絶やさずに立ち上がり。
「さって、そろそろお開きにしよっか」
「え?」
  突然の解散に叶ちゃんは一瞬呆けた顔になった。
「大丈夫。また来年ここで逢うんでしょ?」
「そうですけど・・・。なんだか寂しいな・・」
「来年、ここに来るって目標があるのなら、叶ちゃんはそれに向かって生きなきゃ。美味しい物一杯食べて、一杯寝て、一杯笑わなきゃ」
「はいっ!」
「うんうん。いい返事だ」
  また二人で笑いあった。

「それじゃぁ、私はもう少しここにいるから。一人で帰れる? 途中まで一緒に行こうか?」
「ううん。大丈夫だよ。それじゃぁ、ばいばい。梓さん」
  叶ちゃんが手を振りながら去って行く。
  私は叶ちゃんが去って行くのを見ながら、小さく「ばいばい」と囁いた。

「私、なんて馬鹿なんだろ。あの女の子を殺して自分が生きるつもりだったのに。逆もいいところ、彼女の命を救い、更に生きる勇気を与えてしまったのだから・・・」
「でも・・・。私はそれでもいいと思えてきた。彼女のあの笑顔を見ているとそう思えてきたから・・・」

突然、目の前に陽炎のように死神が現れた。
「ほんとにいいのか? あの娘を殺さなければお前が死ぬことになるのだぞ?」
「ええ。構わない。」
「・・・。そうか。ならばお前を死者の国を運ぶことにしよう・・・。最後に何か言い残すことはあるか?」
「一つだけ・・・。一つだけ守ってほしいことがあるの」
  全て見透かしたような目で死神は私を見ている。
「・・・なんだ?」
「彼女。叶ちゃんに私の命をあげて、あの娘を助けられない?」
  死神は、やはりか、っといった顔をした後、言った。
「いいだろう。その願い。私が叶えよう」
「ありがと」
「礼などいらん。しかし、本来それは自然の摂理に反する行為だ。それを行えば私もただでは済まんだろうがな」
「そうなの?」
「あぁ。しかし、私はお前達を見ていて思った。人間も捨てたものではないとな」
  死神が苦笑する。
  その後、すぐに真顔になり
挿絵1
「では、お前の命、瀬川叶へと運ぼう」
  そう言った途端、私の体が光始める。
  そして、徐々に意識が薄れていく。
  薄れゆく意識の中で、私は叶ちゃんに謝った。

『ごめんね。来年、叶ちゃんに逢うって約束、守れそうにないや・・・』

 

「あの時、梓さんに付いていったのは、ボクを殺してくれるんじゃないか?という気持ちより、あの人がもうこの世の人じゃない気がしていたからかもしれない・・・」

 

 一面の花畑と草原。海からの潮風で夏とは思えない程涼しい場所。
  あの人と逢うと約束した場所・・・。
  約束した次の年、あの人は来なかった・・・。
  また次の年も・・・。
  けれど、ボクは待った。
  毎年、同じ日に、この場所で・・・。

 そして、14年の月日が流れた。
 

 今年も、同じ日に、この場所に座り、あの人を待っていた。
  来るはずのない人を、ただひたすら待っていた。

『来るはずない。だって、あの人はきっと、もうこの世にはいないのだから』
 
「ふぅ・・。もう帰ろう・・・。でも、来年はきっと、あの人は来てくれるはず」
  そう意気込んで、ボクは家路に着こうとしていた。
  その時・・・。
「ふわぁぁ〜っと、よく寝たなぁ〜」
  その声は確かにあの人の声・・・。
「ん? お姉ちゃん、こんなとこで何してるの?」
  ずっと聞きたかった。優しい声色・・・。
  自然の涙が零れ落ちた。
挿絵2
ぐさまその涙を拭い、振り返った。
「人をね、待ってるの」
  何気なく言ったつもりだった。
  でも、涙声は拭いきれなかった。
「お姉ちゃん、どうして泣いてるの? どこか痛いの?」
  心配そうにこっちを見つめる子。
  あの人だ。
  ボクは直感した。
「ううん。大丈夫。ちょっと砂が目に入っただけだから」
  言い訳をする。
  ほんとは、こんなことじゃない、もっと一杯言いたいことがあったはずなのに。
「そっか」
  元気に微笑む女の子。
  ボクはその子に話しかける。
「あなたこそ、ここでなにをしてたの?」
「私? ん〜、なんでだろ」
  小首を捻りながら考えている。
「物心ついたころから、毎年の今日ね、ここに来たくなるの」
『覚えててくれたんだ』
  涙があふれて止まらない。
  それを見て、女の子はあたふたし始める。
「お、お姉ちゃん、ほんとに大丈夫? お医者さん呼ぶ?」
「ううん、本当に大丈夫だから、心配しないで」
  ボクは涙を服の裾で拭う。
  そして、笑顔で女の子に話しかける。
「ねぇ、私達、お友達になろっか」
  いきなりの申し出にきょとんとしている少女。
  でも、次の瞬間には元気よく頷き。
「うん。いいよ」
「ありがと」
  笑顔で返す。
「じゃぁ自己紹介。私は叶。瀬川叶よ。あなたは?」
「私の名前?」
「そう、あなたの名前」
「私の名前はね・・・・・。」
挿絵3
  強い潮風が私達の間を吹きぬけてゆく。
  その風に乗って、梓さんの声が聞こえた気がした。

『約束。やっと果たせたね』



Back