トップページ

プロフィール

だきまくら

ご注文

同人ゲーム

ノベル

リンク

問い合わせ

第四話「互いの思い」

蝉時雨の中、ボクは梓さんに手を引かれて付いていく・・・・。
なぜボクはこの人に付いていったのか・・・。
そんなことを考えていた・・・・。
けれど・・・。ボクが感じていた。
この人なら、きっとボクを自由に・・・。
ボクを死なせてくれると・・・。

(ここまではうまくいってる・・・・)
私は心の中でほくそえんでいた・・・。
けれど、もう一人の私が叫ぶ。
(ほんとにこのままこの子を殺してまで生き延びてもいいのか)と・・・・。
でも、もう止めるわけにはいかない・・・。
私はもう一人の私を押し殺してこの少女の手を引いていく。

そして目的の場所に到着する。

「ここだよ。叶ちゃんに見せたかったの」
そこは、一面が草原と花畑となっている。一見とても奇麗な場所だが、先に進むとその先は、数十メートルの高さの崖となっている・・・。

「わぁ・・・きれい・・・」
ボクはおもわず見とれてしまった。今まで五月蝿いくらいだった蝉の鳴き声もしないし、とても気持ちいい風が吹いている。
それに・・・。
「こんな奇麗な花畑見るの初めてです・・・」
思わず口にしてしまってから少し恥ずかしかった。
けど、梓さんは少し寂しそうに微笑んで「そっか・・・」といった。

叶ちゃんは真っ直ぐ崖のある方へと歩んで行く・・・。
私は、叶ちゃんのすぐ後ろにぴったりと寄り添い、崖に突き落とすタイミングを計っていた。
そして崖まで一歩手前まで歩いてきた。
(あと少し。あと少し前まで歩いてくれれば・・・)
しかし、私の考えとは反対で叶ちゃんはそこで止まってしまった。
そして、私の方を振り向くと笑顔で語りかけてきた。
「ありがとう梓さん。こんな綺麗な所へ連れてきてくれて」
挿絵
私は慌てて笑顔を作る。
「そっか。そう言ってもらえると連れてきたかいがあったってもんだよ」
そう言うと叶ちゃんはまた崖の方、正確にはその先の海を眺めながら・・・。 「こんな綺麗な場所が見られたんだもの。もういつお迎えが来てもいい・・・」

Back 次のページへ