トップページ

プロフィール

だきまくら

ご注文

同人ゲーム

ノベル

リンク

問い合わせ

第三話「命の重み」

「あの娘?」
この村に一つしかない診療所から出てきたワンピース姿の女の子を見送りながら、私は、独り言のように呟いた。
途端、私の後ろに浮き出るようにして黒いコートを羽織った男が現れた。
こいつは死神で、私はこいつに命を救ってもらう代わりになんでもすると約束してしまっていた。
男がゆっくりと話し出す。
「そうだ。あの娘。名を瀬川叶。あの娘のでは生まれる前に死ぬはずだったのだ」
「それを10年以上もの長きに渡って生き延びている」
「あの娘を殺せばいいのね?」
私は、なんの感情もなくそう問いかけた。
男は静かに頷いた。
「やり方は任せる。楽に死なそうが、苦しませようが、お前の好きにすればいい・・・」
そういうと男はすぅっと空気に溶け込むようにして消えた。
私は、それに構わず、さっきの女の子を追いかけた。

「はぁ、はぁ、はぁ」
熱い、さっきまでは気持ちの良かった風も、今は吹いていない。
ボクは近くにあった大きな木の陰で休むことにした。
ゆっくりと腰を地面に落ちつける。ひんやりとした砂の地面が心地よい。
「ふぅ・・・」
ため息が漏れた。
(どうして、こんなことしてるんだろう・・・)
ふと、そんな考えが浮かんだ。
外に出たからといって死ねる訳ではない。むしろ病院の人たちに連れ戻されるに決まっている。
「うぅ・・・」
突然、胸が締め付けられるような痛みが走った。
どうやら薬が切れたらしい。
(このままいれば死ねるかな?)
そんなことを考えていると、後ろから声をかけられた。
「大丈夫?」 「えっ!?」
挿絵
思わずのけぞってしまった。
「ごめんなさい、驚かせちゃった? 木の後ろで寝てたんだけどさ、なんか苦しそうな声がしたから」
短い髪、とても優しい、表裏のない微笑みで話かけてこられた。
「ほんとに大丈夫? なんなら診療所に連絡するけど」
そういって、そのお姉さんは携帯を取り出した。
ボクは慌てて制する。
「だ、大丈夫ですから、連絡しないでください!!」
「そう? ならいいけど」
そういってお姉さんは携帯をしまった。
「こんなところで何してたの? そんなパジャマ姿で」
そういって笑う。
言われて気づいた。
途端に恥ずかしくなって、顔を真っ赤にして俯いてしまった。
「まぁ、どうでもいいけど」
そういってまた笑う。とても明るい笑顔で。
「で、あなた暇? 暇だよね?」
いきなり一方的に質問された。僕は思わず頷いてしまった。
「じゃぁ、いいとこ連れてってあげる」
そういって、ボクに手を伸ばしくる。
ボクはその手を取った。
よっこいしょっとボクをたたせるとズボンに付いた土をはらってくれた。
「ど、どうも。えっと・・・」
「ん? あぁ名前? 梓、水森梓だよ。あなたは?」
「ボク?」
「うん、あなたの名前、なんて言うの?」
「ボクは叶、瀬川叶です」
「そっか、叶ちゃんか」
そういうが早いか、ボクの手を引っ張っていく。
「あ、あの、どこへ行くんです?」
「ん? とってもいいところだよ」
また微笑む
「そう、とってもいいところ・・・」
そのままボクはお姉さん、梓さんについていった。

Back 次のページへ