トップページ

プロフィール

だきまくら

ご注文

同人ゲーム

ノベル

リンク

問い合わせ

第二話 「勇気」

 白いベッド。
  白い天井。
  白い壁。

 ここには何も無い・・・。
  唯一あるとすれば、たったひとつの窓から見える景色だけがボクにとっての全て・・・。
  コンコン。
『叶ちゃん』
  扉の向こうから声がする。
  時計を見れば、一日一回ある検査の時間だ。
  「どうぞ・・・」
  聞こえているかどうか分からない程小さな声で答える。
  ガラガラ。
  病室の引き戸を開け、清潔そうな真っ白の服を着た看護士さんが入ってくる。
  「おはよう、叶ちゃん」
  笑顔で話しかけてくる看護士さん。
  偽りの笑顔、白衣の天使とはよく言ったものだ。
  もっとも、ボクには天使を必要にしていない、ボクが欲しているのは死神だから。
  ボクの魂を連れて行ってくれる死神が・・・。
  「それじゃあ、今日の分の点滴つけるね」
  ボクの考えを知らずに看護士さんがトレイから栄養剤と抗生物質の入った点滴の容器を吊るしながら話しかけてくる。
  それにボクは静かに頷く。
  看護士さんは手早く細い、止血用のチューブでボクの腕を縛る。
  縛られた腕の先はすぐに感覚が鈍くなる。
  浮き出た血管のすぐ上の部分にアルコールを含んだ脱脂綿で拭く。
  「じゃぁ、ちょっと痛いよ?」
ボクは頷く。
  そして、点滴の針がゆっくりとボクの腕に刺さっていく。
  刺し終えると新しく取り出した脱脂綿で針の刺さっている部分を覆う。
  「はいお終い。お疲れ様、叶ちゃん」

点滴を刺し終えると、早々に次の患者の元へと去って行った。
  またこの部屋に静寂が訪れる。
  「・・・はぁ」
  深いため息がでた。
  「なんでボク、生きてるんだろ」
  生まれてすぐに死んでいてもおかしくなかった。
  なのにボクは生きている。
  こんなこと他の患者さんが聞くと怒るかも知れない。
  けど、こう思わずにはいられない。
「なんで、死ななかったんだろ」、と・・・。
挿絵
 ある日の朝、いつもの検査が済んだ後、ボクは看護士さん達の目を盗んで診療所から逃げ出した。 ただ単純な思いつきだった。
『死にたい・・・』
  ただ、それだけだった。
  あそこにいても無駄な延命処置をされるだけ・・・。
  これ以上生きていたってしょうがない。
  ただ、それだけ・・・。

Back 次のページへ