トップページ

プロフィール

だきまくら

ご注文

同人ゲーム

ノベル

リンク

問い合わせ

第一話 「契約」

 暗い・・・、痛い・・・、死にたくない・・・。
  自分でもどうしてあんなことをしたのか分からなかった。
  覚えているのは道端にいた猫を助けようと飛び出したところまで。
  そしたらいきなり体に衝撃が走り、続いて体が宙に浮いていた。
  車に轢かれたと気づいたのは走り去る自動車が見えたときだった。
  途端、全身に強烈な痛みが走り、自分の横たわっているところが血で染まり始めた。
「痛いよぉ・・・、死にたくない・・・、だ、だれか・・・、たすけ・・・」
  助け請うが周りには誰もいなかった。
  助けた猫ももう近くにはいない・・・。
「やっとか・・・」
  誰もいなかった道路にいつの間にか一人の男が立っていた。
  冷たい目でこちらを見下しながら、近づいてくる。
「2年間もの間、手間取らせてくれたな。しかし、これでやっと俺の仕事も終わる」
  訳の分からないことを喋りながら自分の前で立ち止まり、自分の前でしゃがみ込むと、私の額に手を置いた。手が血で汚れることを気にしていない。
「最期になにか言い残すことはあるか? そのくらいなら聞いてやる。そのくらい言える体力は残しておいたはずだが?」
「助けて・・・、助けて・・・、お願い・・・助け・・・て・・・」
  男はやれやれと首を横に振ると、私に向かって話しかけてきた。
「人間というのは欲の深い生き物だな。命乞いなぞ人間以外にするモノはいないと言うのに」
  そういって立ち上がり、ここから去ろうとする。
  それをなんとか防ごうと、血まみれの手を力の限り持ち上げ、捕まえようとする。
  しかし、手は空を掴むだけでまったく男に届かない。
  その様をじっと見ていた男は、冷徹な声で言った。
「そこまで生き延びたいか?」
  私は頷いた。
「・・・、分かった。お前の命、俺が助けよう。ただし、俺と契約しろ、今後一切、俺の命令には絶対服従。これが守れるか?」
  私はもう一度頷いた。
  すると男は、私に顔を近づけてきた。
  そして、ゆっくりと男は自分の唇を私の唇を重ね合わせてきた。
挿絵

 同時に私の中に暖かい何かが入り込んでくる、それと同時に痛みも消えていく。
  そして、近づいて来た時と同じ程ゆっくりと唇を離した。
「契約成立」
  そう言うと、すぅっと暗闇に溶けるように消えてしまった。
  気が付くと傷は嘘のように消えうせていて、痛みも全くあらず、道路を真っ赤に染めていた血も今は何処にも見当たらなかった。
そして、私は助かった。

Back 次のページへ